読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bridge+epairで仮想HUBを作ってみる=>できた


もっといい方法が必ずあるはずなので、とりあえずメモとして。

以下の様なネットワークを作ってみます。
f:id:shutingrz:20140714171640p:plain


まずはスイッチ部分を作成し、Jail hostまでつなげるところから。

 # ifconfig bridge create
bridge0
 # ifconfig bridge0 vnet switch
 # ifconfig epair create
epair0a
 # ifconfig epair0a 192.168.20.1/24 up
 # ifconfig epair0b vnet switch
 # jexec switch ifconfig bridge0 192.168.20.254/24 up
 # jexec switch ifconfig epair0b up
 # jexec switch ifconfig bridge0 addm epair0b
 # ping 192.168.20.254
PING 192.168.20.254 (192.168.20.254): 56 data bytes
64 bytes from 192.168.20.254: icmp_seq=0 ttl=64 time=0.269 ms
64 bytes from 192.168.20.254: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.120 ms


これでJail hostとSwitch部分のネットワークが作成できました。
次はserver01とswitchをつなげるところ。

 # ifconfig epair create
epair1a
 # ifconfig epair1a vnet server01
 # ifconfig epair1b vnet switch
 # jexec server01 ifconfig epair1a 192.168.20.11/24 up
 # jexec switch ifconfig epair1b up
 # jexec switch ifconfig bridge0 addm epair1b
 # 
 # jexec server01 ping 192.168.20.1
PING 192.168.20.1 (192.168.20.1): 56 data bytes
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=0 ttl=64 time=0.181 ms
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.135 ms

最後にserver01とswitchをつなげるところ。server01とやっていることはほぼ同じ。

 # ifconfig epair create
epair2a
 # ifconfig epair2a vnet server02
 # ifconfig epair2b vnet switch
 # jexec server02 ifconfig epair2a 192.168.20.12/24 up
 # jexec switch ifconfig epair2b up
 # jexec switch ifconfig bridge0 addm epair2b
 # 
 # jexec server02 ping 192.168.20.1
PING 192.168.20.1 (192.168.20.1): 56 data bytes
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=0 ttl=64 time=0.181 ms
64 bytes from 192.168.20.1: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.126 ms

これで全てつなぎ終えました。
server01とserver02の疎通も確認してみます。

 # jexec server01 ping 192.168.20.12
PING 192.168.20.12 (192.168.20.12): 56 data bytes
ping: sendto: Host is down
ping: sendto: Host is down

・・・疎通できない・・・・・・。


何か間違っている点、やっていない点があれば@Shutingrz宛に助言お願いします。


追記
server01から192.168.20.12(server02)にpingを飛ばした時のserver02のepair2aのtcpdumpです

server01のping

# jexec server01 ping 192.168.20.12
PING 192.168.20.12 (192.168.20.12): 56 data bytes
ping: sendto: Host is down

server02のtcpdump

# jexec server02 tcpdump -i epair2a
tcpdump: verbose output suppressed, use -v or -vv for full protocol decode
listening on epair2a, link-type EN10MB (Ethernet), capture size 65535 bytes
22:28:18.952300 ARP, Request who-has 192.168.20.12 tell 192.168.20.11, length 28
22:28:20.003368 ARP, Request who-has 192.168.20.12 tell 192.168.20.11, length 28
22:28:21.053505 ARP, Request who-has 192.168.20.12 tell 192.168.20.11, length 28


追記
できなかった理由が判明しました。

jailer設定 [DEMON-LORD]

ifconfig epair[n] create
epair[n]aとepair[n]bが作成される。epairを一つ作成してjailerからprisonerに割り当ててから次のepairを作成するとMACアドレスが重複する場合がある。この場合、それぞれのepairを同じbridgeに接続するとMACアドレスが重複して通信が行えなくなる。問題を回避する為、epairの作成は同時期に行う。

まさかと思いjexec switch ifconfig。

epair1b: flags=8943<UP,BROADCAST,RUNNING,PROMISC,SIMPLEX,MULTICAST> metric 0 mtu 1500
	options=8<VLAN_MTU>
	ether 02:ff:50:00:06:0b
	inet6 fe80::ff:50ff:fe00:60b%epair1b prefixlen 64 scopeid 0x4 
	nd6 options=21<PERFORMNUD,AUTO_LINKLOCAL>
	media: Ethernet 10Gbase-T (10Gbase-T <full-duplex>)
	status: active
epair2b: flags=8843<UP,BROADCAST,RUNNING,SIMPLEX,MULTICAST> metric 0 mtu 1500
	options=8<VLAN_MTU>
	ether 02:ff:50:00:06:0b
	inet6 fe80::ff:50ff:fe00:60b%epair2b prefixlen 64 scopeid 0x5 
	nd6 options=21<PERFORMNUD,AUTO_LINKLOCAL>
	media: Ethernet 10Gbase-T (10Gbase-T <full-duplex>)
	status: active

案の定macaddrが被ってました・・・。
@tss_ontap さんも昔この事言ってたのを今になって思い出しました。

修正として、まずifconfig epair createを3連続で行うようにしました。

結果。

# jexec server01 ping 192.168.20.12
PING 192.168.20.12 (192.168.20.12): 56 data bytes
64 bytes from 192.168.20.12: icmp_seq=0 ttl=64 time=0.219 ms
64 bytes from 192.168.20.12: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.076 ms

バッチリです。

原因はわかったものの、今やってる卒論はリアルタイムにepairを作成、jailに割り当てる方式を採用しているので、この問題はどうやって解決すべきか・・・。



以上。