読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GIGAZINE記事の気になる言い回しを調べてみた。

まずはこの記事を読んでいただきたい。

GIGAZINEのオフィスを1階から4階へ移動させるまでの物語 -GIGAZINE

>この状態のオフィス(というか事務所)から2006年6月末までGIGAZINEは日々、更新されていたわけです

>こんなところから毎日、GIGAZINEを更新していたわけですが、(略)その際に4階奥の和室を洋室にリフォームすることにしたわけです

>わけです。

>したわけ

>わけ。

 

 

俺の中で「わけ」がゲシュタルト崩壊したわけです。(伝染った

実はGIGAZINEでの「わけ」の多用は(少なくともブログ形式になってから)最初から今までずっと使われているのです。

最近の記事でも。

無料で050番号ゲット&通話料が60%安いアプリ「SMARTalk」を使ってみました -GIGAZINE

>その場ですぐ聞くことができるというわけです。

・・・。

こちらは2013年8月20日、つまり今日の記事。

 

 

というわけで、昔っから今までどれだけ「わけ」が多用されているか調べてみました。

前提

全記事数は、記事ID 4から28470の合計28465件

期間にして、恐らく2006年7月10日から2013年8月20日までの2597日間

ページ取得速度は、図書館の事件を考慮して、毎秒2件です。

また、検索ワードは、

「というわけ」

「するわけ」

「したわけ」

「わけ。」

「わけです」

です。

これをわかりやすく「わけ群」と呼びます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない

「わけではなく」

など、関係無いものは省くようにしてあります。

 

 結果

f:id:shutingrz:20130820151601p:plain

横軸は記事中に「わけ群」を使用した回数

縦軸は記事中に横軸の回数を使っている記事数

 

全記事数:28465件

全文章中、「わけ群」が出てきた回数は、9955回。

全記事中、「わけ群」が出てきた記事は、5901件。

うち、記事に1回のみ「わけ群」を使ったものは、4239件。

全記事中、最も「わけ群」を使った記事は、

高木浩光による怒濤の講演「ゲーム業界におけるプライバシー保護」がすごいことに - GIGAZINE

で、その回数はなんと56回。

まあこれは取材記事なので一概には言えません。

また、上記のように「わけ群」の使用回数の多い記事トップ7は全てインタビュー記事です。

 

インタビューを除く、「わけ群」の使用回数の最も多い記事は、

テレビや新聞で詳しく報道されない「毎日新聞英文サイト変態記事事件」、一体何が問題なのか? - GIGAZINE

 で、回数は全記事中8位の30回です。多い。

 

 

つまり俺が言いたいことは、もう少し別の言い方をしたらどうですかってこっちゃ。

(偉そう)

 

 おわり